食事の前に野菜を食べるダイエット法で3kg減に

yasai1

私は30歳で会社員です。事務職で仕事柄座りっぱなしなので、エネルギー消費が少ない為か、28歳を過ぎる頃からみるみると太ってきているのを感じ始めました。そろそろ本格的に痩せる事を考えなければと思い、まず考えたのは運動です。やはり運動をして痩せることが最も効果的で、今の私にとってはとっても健康的だと思ったからです。

しかし、学生の頃から体育の点数は常に悪く、スポーツは全般苦手で、基本面倒くさがりな性格な私なのですが、いよいよそんな事も言ってられない容姿になってきたので、とにかくチャレンジしようとランニングを始めました。毎朝、1時間早く起き、20分間だけ、距離にして約1キロを走る事にしたのですが、やっぱり好きでないことは、続けることができず、3日目で辞めてしまいました。

食事の前に野菜を食べるだけ

他に方法はないかと考え、大好きな食事について見直そう!と考え、それだったら、何とか続けられそうと食事でダイエットする方法を色々ネットで調べはじめたのです。その結果、食事の前に、野菜を食べるという簡単な方法を見つけたのです。野菜が嫌いな人は、向いてないかもしれませんが、私の場合は、ピーマンとトマト以外の野菜は基本好きなので、それを試してみることにしました。

どのような方法かというと、どんな野菜でもいいので、まず食事をする前に、その野菜から全部食べてしまうというものです。これは高脂血症などコレステロール値が高い人に病院で教えてくれる食事療法と同じ方法です。野菜を先にお腹に入れる事で油分の吸収を抑える効果があるという事なのです。

朝食を置き換えるだけで美ボディに!?ヨーグルト味のラクレンズが人気の理由とは…

2016.08.16

工夫する事で飽きずに3kg減に

私の場合は、油分の吸収を抑えるというよりも、先に野菜を食べる事で満腹感を感じ、おかずを食べる量が少なくなったという効果がありました。野菜ばかりだと飽きてしまうと思った時には、野菜サラダにナッツを入れたり、ドレッシングを濃厚にしたりして、味に変化を付けるようにしたのです。

するとなんと、3kgも痩せることができました。野菜を毎日大量に食べるという無理な方法では無く、自分が満足をする量を食べればいいという簡単な方法です。これは慣れてくるとだんだんと自分の満腹になる量が分かってくるので、ほとんどストレスも無く続けられます。

さらに先に野菜を食べてある程度満腹にするという方法なので、好きなお菓子も食べることが出来ます。食事を抜くというというハードルの高いダイエット法とは違います。工夫した点は、今回は野菜と肉、野菜とお菓子、という風に決めて出来るだけ飽きないようにしました。また、野菜サラダに、肉類や魚を入れるなどして、栄養バランスも保っている為、栄養不足になるという心配をすることもありません。

便通も良くなっていますし、今はどんなメニューにしようかと日々メニューを考えるのが楽しみの1つです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です